早わかり!給水方式の変更工事

給水方式に関連する事柄と評判の良い企業の概要

給水方式には複数の種類が存在していて、利点などもそれぞれ異なっています。そのことから、給水方式の種類や各々が有する利点を理解する必要があります。また給水方式を変更するための工事を行ってもらえる企業も存在しています。

ただ、かような企業も複数あるので、依頼する前に企業に関する情報を知っておくことが重要です。当サイトでは評判の良い企業を紹介しているのはもちろんのこと、給水方式に関することも載せてあります。これらの企業において、どのような点で評判が良いのかに関しても掲載しています。

また相性が良いとされる給水方式のタイプや企業において比較すべきポイントも記しています。給水方式を変更するための工事を初めて依頼する人に向けた情報が書かれています。工事を依頼する予定がある人や方式の種類などを知りたい人はご利用ください。

積水工業株式会社

住宅に関するものに対応することができる点が積水工業株式会社の特徴として挙げられています。浴室やキッチンなどの水回りに関するものだけではなく、リフォームや空調換気に関するものでも対応することが可能です。

給水方式を変更するための工事を行っていて、助成金の活用が可能な場合があるとされています。リフォームにおいて、作業を行う前に伝えた金額に対して納得できないのであれば、断ったとしてもお金を支払う必要がないという特徴を有しています。

住宅におけるトラブルの対応は終日受け付けていて、また緊急時の場合でも受け付けています。積水工業株式会社のスタッフが訓練のための施設で研修などを行っているという点も特徴的です。

株式会社コウセイ

株式会社コウセイでは、新鮮で安全な水道水を利用できたり水槽の定期清掃が不要になるように給水方式を変更することが可能です。そしてこのようにした場合には、定期的な点検や電気代などが必要でなくなるというメリットもあります。

色々なビルやマンションなどの建物に適した形で給水方式を変えるようにしています。そしてこの場合は、給水管の汚れなどを除去してコーティングすることになりますが、これを低コストで行うことも可能です。

給水方式の変更の後、5年、10年の保証制度があるので、安心して依頼しやすいと言えるでしょう。なお、問い合わせは電話以外でもフォームを使えますが、この場合も日曜や祝日は対応をしないようです。

株式会社ライフ

株式会社ライフは、横浜市旭区に所在する給排水衛生設備を主とした設備の保守点検、およびメンテナンス工事を施工する水道管工事会社です。平成21年1月創業以来、多数の経験・実績で技術力を磨き、神奈川県内を中心に直結給水工事や更新工事、給水管JAB工事を行っています。

15階以上あるような高層建築物では、屋上などの高層階に受水槽や高置水槽を設置し、そこからの給水が一般的でした。しかしこの給水方法は槽内を常に清潔に保つ必要があり、あまり衛生的ではありません。しかし近年では、多段に増圧ポンプを設置して水道管内の圧を高める給水方式により、高層階への直結給水が実現できるようになりました。

株式会社ライフでは、高層階への直結給水へ変更する、直結増圧式給水改修工事を得意としています。特に横浜市では、平成21年4月より直結式給水(直結増圧式給水)の普及・拡大を推進しており、神奈川県・東京都をはじめ、多くの市の指定給水装置工事業者として経験を積んだ当社には、多くのノウハウを持つ強みがあります。

株式会社サンコウ設備

株式会社サンコウ設備は東京都の練馬区の西大泉に本社がある会社です。受付時間は平日の8時30分から18時までで、土休日は受付を行っていません。本社以外では埼玉県の新座市に営業所があります。会社の主な事業内容は給排水関連の工事などです。

ちなみに工事を行える施工対応エリアは東京は離島と西多摩郡を除く全域、埼玉県は秩父を除く全域、神奈川県は横浜と川崎の全域と相模原や厚木や座間や綾瀬や海老名などのエリア、千葉県の一部エリアなどとなります。

事業内容の重要な項目の1つとしては給水方式の変更作業などが該当します。これは受水槽のある集合住宅で当てはまる項目で、近年は受水槽の清掃やメンテナンスのコストや手間を省くために直結給水方式が推奨されているためです。もちろんほかにも配管の汚水漏れや耐圧試験、キッチンやトイレやふろ場などの建物リフォーム工事も行っています。

株式会社新研設備工業

株式会社新研設備工業は埼玉県のさいたま市の桜区の西堀で活動する会社です。会社の主な事業内容は建物の管や給排水、空調や衛生といった配管類の工事や、配管類以外の建物工事です。これらの工事を可能にするため建設業許可として埼玉県知事(特-29)第38号と埼玉県知事(般-29)第38号を取得しています。

会社ではいろんな配管類の工事をしていますが、そのうちの1つとして給水方式の変更工事も行っています。これは集合住宅などに関する工事ですが、昔の建物では受水槽があり、そこから各住戸へ給水していました。しかしこれは受水槽の点検や清掃の手間がかかることなどで、近頃の建物では衛星の観点からそれを廃止することが推奨されています。

なので会社では直結給水方式としての工事を推進しています。ちなみに会社ではこれまでの実績として埼玉スタジアムや区役所など著名な公共施設の工事を行ってきています。これらの工事では配管類だけでなく、建物全体のリフォームとしての実績も証明しています。

株式会社忠光

水道トラブルや工事の際、みなさんはどのように業者を選んでいますか。CMや広告を沢山掲載している業者でしょうか。しかし、実際に工事や修理を頼んでみると予想以上に高かった、という経験をされた方もいるかもしれません。複数の業者から見積もりをとり、比較して業者選びをする方もいるかもしれませんが、更にもう一つ大事なポイントをご紹介します。

例えば株式会社忠光(CYUKOU)は東京都と埼玉県を中心に関東地方を対象に営業している会社です。住宅リフォームや空調、水道設備のメンテナンスや給水方式の変更工事を取り扱い、『水道局指定工事店』として高い信頼性が認められています。

この『水道局指定工事店』こそが優良店の証、業者選びのポイントです。いわば各自治体で水道管理をしている人のお墨付きの業者で、・会社の身元が明確で詐欺にあうリスクが少ない・高い専門知識がある・トラブルの際は水道局に相談できるといったメリットが得られるのです。

特定の給水方式の変更が可能な業者を選ぶ場合は

実際のところ、給水方式の変更ができる工事業者は、割と多くのところで見つけることができます。最初の業者選びはかなり大きなポイントになってくるので、所有しているマンションやアパートなどの施設の給水方式を変更したい場合は、慎重に選ぶようにしておきたいところです。今まで業者に依頼したことがない人は、素人判断になってしまわないように気をつけておきましょう。実際に声をかけてお願いした人たちの体験談に注目をするのが確実です。身の回りにそういった経験者がいるなら、オススメの業者を教えてもらうのが手っ取り早い方法となります。詳しい人がいない場合も、雑誌やメディアで頻繁に名前が取り上げられているような業者を選べば、無難な工事を展開してもらうことが出来るでしょう。とにかく、最初の工事業者選びが大切です。

現代人なら、インターネット上から工事業者を選ぶのが、1番無難な方法でもあります。このやり方なら、全国各地で活躍している給水管工事業者をピックアップすることができるでしょう。給水管の変更工事だけではなく、更新工事、そして更生工事等に関しても承ってくれたりします。どちらにしても、割と大掛かりな工事になるので、料金は必ず先にチェックしておくべきです。希望の予算内で動いてくれる業者かどうかをしっかりと見極めるようにしましょう。1つの工事業者だけで結論を出す必要はどこにもないです。いろいろな業者をピックアップして、それぞれの見積もり金額を比較し、最もお得な形で動いてくれる業者を選ぶことが重要となります。ネット上であれば全国規模で業者を調べることができるので、割と早い段階で見つけることができるでしょう。

それから、給水管の方式と一言に言っても、いろいろなパターンがあります。貯水タンクを利用するタイプのものもあれば、ポンプを使って組み上げるタイプのものもあるので、今の自分が所有している施設にベストなものを選ぶことが大事です。ここも素人判断では難しい部分なので、実際に専門業者に現地に足を運んでもらい、ベストな選択肢を選んでもらいつつ、見積もり金額を出してもらいましょう。実際に給水方式の変更工事が始まったら、それなりに大きな音が発生します。大掛かりな工事になるので、それも当然と言えば当然です。そのことを想定して、早い段階でその旨を周辺住民に伝えておくようにしましょう。そう音のクレーム等が発生する可能性を、最小限に留めておくことができます。気の利いた業者なら、そこまでしっかりと行ってくれるはずです。

カテゴリー